スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐだぐだナンピン

中国株に少しだけ変化が見えてきたぞ。

148ドルをつけた原油が130ドルを割って、ダダ下がりの中国株達は一応の下げ止まりを感じさせる動きじゃ。

もともとわしの予想では原油↓の株↑だったんじゃが、そんな明るい未来がやや見えてきた感じじゃのう。

わしの行動と感情の変化はこんな感じじゃ。

◆週前半→イライラしつつ静観

◆木曜日→「今買わんでいつ買うんじゃ!!」と勇気を出してアリババを9.5ドルで購入。

◆金曜日→原油価格下落の兆しとカテキンさんの「猫も杓子も大型H株」相場についての記述を見てそわそわしだす。そして、ヤンCEOのアリババ売却可能性について触れるコメントを見てへこむ。 やっぱり確信のないまま株を購入したら悪いニュースについての耐性がないからよくないとあらためて思う。とはいえ、今更アリババ以外の大型株には乗り換えられない。

というわけで先週のわしの行動は9.5ドルでのアリババナンピンという感じじゃったが、感情はいろんなニュースやノイズ、相場に振り回されっぱなしじゃった。

結果としてアリババは底をついたっぽい動きになったからよかったが、航空系やコンテナ系のリバウンドを狙ったほうがよかったのではないかとも考えてしまう。こういう買い方はポリシーに反するし、振り回されているだけでよくはないとはわかっていながら

本来なら下がったときにも心の耐性を保てるよう、自身を持ってホールドできる銘柄をナンピンするべきじゃったんじゃろうのう。

株はやっぱり自分の感情との戦い、自分の感情に勝つには自信。自信を持つためには「この株は上がるんじゃ」という根拠を持たんといかん。

引き釣りこまれたアリババ地獄を抜け出したら、自信を持てる銘柄へとチェンジしちゃる。


押してもいいであるぞ↓
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

comment

Secret

フリーエリア
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。